statement

希色の世界

 

原発事故による土壌の汚染を除去するために、植物を植えるニュースを目にした。

「いのちのない場所に色はない」この言葉がずっと心に残っていた。

 

私が切り絵によるコラージュ絵画を制作するようになったのは、季節の草花や身近な人々の笑顔を、コツコツ日記のように描く習慣がきっかけだった。切り絵があつまったら、一枚の絵を完成させる。輪郭の美しさやレリーフの効果にも興味があり、近年は広い空間でインスタレーションを行うようになった。

 

ずっと変わらないのは、人の笑顔が好きなこと。「桜が散る前に」「銀杏が散る前に」と外に出て季節の色を確認すること。それが自然に、自分が絵を描くきっかけになっていた。

 

今改めて、目の前にある色その一つ一つが、どんなに大事な存在かを実感している。前より一層、色にはげまされて日々を過ごし、描いているような感じがする。

 

色とりどりの草花と人々の笑顔にあふれた世界を、私は「希色(きいろ)の世界」とよぶ。そこには、未来への純粋な希望がある。

 

 これからも、希色の世界を描いていきたいと思う。